« ココ部屋開幕 | トップページ | 被災地の皆さんに届け »

地震で、被災された皆さんへ  「頑張れ」

昨日、東北地方で、大規模な地震が発生し、皆さんご承知の通り、大打撃down受けた皆さんには、何といったらいいかわかりませんが、一言 「頑張れ」しか、思い浮かびませんweep

津波による被害では、ココの記憶の限りでは、北海道の奥尻島以来だと、思います。

津波による人的被害が、大きくなる要素として、以下の通りの分析が、出ています。
  1. 全国的には肝心の津波の恐ろしさ、言い換えれば普通の波と津波の違いが正確に理解し切られていないこと。
  2. 地震が、多い地方では、たとえ大きな地震が起きたとしても、「あっ、地震だ」とか、「また地震か」といった冷静な態度をとることが強く求められることや、警報や注意報が発表されても、実際には発表された高さをはるかに下回る高さになることが多いため、「まさかここまでは来ないだろう」と高をくくる場合が多いなど、いわゆる地震慣れをしていること。
  3. 前項を踏まえて、最近は強力な防潮堤の設置などにより津波がブロックされやすくなったこともあり、津波警報が出るほどの地震が発生しても、津波による多くの犠牲者が出た地震の例は、日本国内に限定すれば1993年の北海道南西沖地震以降、2010年までなかった(但し、数人程度の犠牲者が出た例はある。)=、『津波警報が発表されたけれども、そんなに大きな被害にはならないだろう。という考えが出てしまうこともありえるという図式が、蔓延してるせいだと、言われています。

 では、津波による被害を予防する為には、

 1.安全な高台へ逃げる(避難する)のが津波から命を守る基本かつ最良の手段であ  る。その際は、自動車で避難すると渋滞や信号待ちが原因で津波に巻き込まれやすくなるため、徒歩か自転車で逃げる事が重要

津波は、高さよりも押し寄せる水量が被害の大きさを左右する。たとえ数十cm程度の津波といえども、水量によっては漁船を転覆させたり人一人を海へ引きずり込ませたりする程の威力が十分ある場合もある。津波に飲まれると水中で複雑な乱流が生じ、水面に顔を上げて呼吸することが困難になるほか、多くの土砂、浮流物に巻き込まれ肉を引き裂かれたり、それが元で死亡したりする。

2.第1波の波高が予想津波高より低く、たいした事がなかったとして、第1波到達後すぐに帰宅するのは、危険である。なぜなら、第2波以降の津波が高くなる場合があるため、津波警報が解除されるまでは避難先へ留まっているべきである。

以上、簡単では、ありますが知識として、知っておいたほうがいいのではと思い、pencil見ました。

|

« ココ部屋開幕 | トップページ | 被災地の皆さんに届け »

ココロの伝言板」カテゴリの記事

コメント

全く 言われる通りです。

津波に対しての強度 木造住宅は論外 ビルもその崩壊物の影響で論外です。
津波が来る前に 高台に逃げるしかありません。

JISでは 地震に対する 住宅の強度は規定されているようですが、津波に対し(1000倍の強度不足)規定無し。
もし規定すると ニッケル合金性 密閉式の 人が住みたくない 防空壕となるでしょう。

余談;ニュージーランドで発生した地震に対するビル崩壊による日本人の犠牲;日本では考えられない。
姉歯建築設計事務所による構造計算書の偽造が かわいく思える程 腹立たしい。

地震に対する強度だけを規定(安心を売りに)する日本の方針と企業 ;津波には無意味な宣伝
自然災害に対する 安全な家は無い事 ;危機を察知し逃げるが一番です。
各 現象に対する責任確認と ,処置する事は 今後ですが

この度の 震災に会われた方に 何て 言っていいか 分からない。
今は 一人でも多くの無事が確認できる事、 現地で 人命活動に従事されてる方の努力を見守り、
各所で発生している この災害に対する 最善の処置と復旧を祈るだけです。

投稿: Hayatochiride | 2011年3月12日 (土) 23時49分

改め お久ぶりです。

能天気な私。
不謹慎ではありますが 天候では無く 事前準備完了した 競馬が 予定日に 開催されない事

延期後の影響は 必至

この事 次に悲しい。

投稿: Hayatochiride | 2011年3月13日 (日) 00時21分

関東以北の被災された、箇所は、施設含めて、壮絶なる地獄絵図でしたね。実際、発生当初の報道画像をタイムリーに見ていましたが、ジオラマの撮影を見ているみたいで、その状況を「信じられない」というか、「信じたくない」という心境で、目で追うばかりでした。
また、各スポーツ界等の開催については、中止という声明が出て、その事に対しても影響が及んでるということは、寂しくもありますが、賢明な処置だと思います。
最後に、今は、何も手助けになる事は、出来ないにしろ、何らかな形で、携わることもあろうかと思います。この国に生まれて、民族のために尽力するのは、当たり前のことですから、その時まで、ストックする所存ですね。

投稿: ココ | 2011年3月13日 (日) 09時45分

その通りですね。

投稿: Hayatochiride | 2011年3月13日 (日) 15時18分

正に、ここさんの言われる通りですね
恥ずかしい話になりますが、津波の恐ろしさをこれほどとは思いもしませんでした。
テレビの映像を見ていてただただ、唖然とするばかりでした
ネットの世界ですが宮城県に知人が2人います
近県にもどなたかいたはずですが、思い出せません
せめて、無事でおられることを祈ることしか
出来ません。励ましの言葉もでてきません

投稿: bios | 2011年3月13日 (日) 15時27分

自身の経験とは異なる..が..同質の恐怖を感じます。 人間の運を 居るか居無いかの神?になんかに預けずに 頑張るしかないのか?! 私は 何もしてやれない。 無念。

投稿: megusuri | 2011年3月13日 (日) 18時39分

若輩ながらバイオスさんとも メグスリさんとも同感情と思います。

何故こんなに自己は 情けないのでしょうか?

バイオスさん メグスリさん 教えて下さい。

投稿: Hayatochiride | 2011年3月13日 (日) 19時00分

福島の原発の状況が、思わしくない報道が、あります。政府はヨウ素を準備してるということですが、ヨウ素の効果までは、誰も、知らないと思いますので、pencilします。
ヨウ素は、服用して、体内に放射線を取り込まない効果があるそうです。(24時間効果有り)

投稿: ココ | 2011年3月13日 (日) 20時37分

原爆アレルギーの日本で
心配してた放射能が現実帯びてきましたね
あれほど、安全だとPRしてたのに
政治的な話はしませんが
自然の猛威にはなすすべがないと言うことなんでしょうかね
今回のような巨大な地震に対応するには巨額な
金がかかるので、できないのもわかりますが
安全とはどこまでいえるのでしょうか

投稿: bios | 2011年3月13日 (日) 21時21分

原発で発生する放射能は主に α線 紙で防げる。紙服着ての作業は 標準化されている。

ヨウ素の用意とは 主以外の異常を示すのでは?

β線 薄い金属で γ線 ロウで 中性子線;鉛、

今日の馬鹿番組;サンデーモニング
『マイクロと ミリは大いに違いますよ!』
『技術者だからあんなことを言う』
『安全なのか そうじゃないのか それを言え』相手の上げ足だけを 取る 評論家?の集まり 
腹立たしい 
イライラです。 すみません。

投稿: Hayatochiride | 2011年3月13日 (日) 21時25分

たしかに、tvの情報番組の評論家は、その知識の精通者だと思いますが、それを見ている現地の皆さんが知りたいのは、それに対しての対策でしょうし、人命を救うという観点では、簡単に何をした方がいいとか訴えかける言い方、また、その時々に応じた情報を与えた方が、いいとも感じます。
使えない情報は、只のクズ情報一人でも、救おうとする姿勢の情報番組を期待しています。

投稿: ココ | 2011年3月13日 (日) 23時14分

地震が、発生してから4日経過しましたね。
今、出来ることは何か微力ながらと考えました。
この場で、出来ることは、他愛もないことですが、被災地への皆さんに応援のメッセージを発してる方々のご紹介をしたいと思います。
スキマスイッチ
http://www.barks.jp/news/?id=1000068333&p=1
(メッセ-ジ転載)
僕らに出来ることはないかと話し合いをした結果、歌をYouTubeでアップする事にしました。
こんな時代だし最初は怖かったし、シンタ君とケンカにもなりましたが僕らの答えとして勇気を出してやってみました。
そこで竹善さんのツイッターはかなりフォローされていると聞きました。
もしよかったら僕らの映像に繋がるURLを載せてもらえないでしょうか?
よろしくお願いします!
竹善さんも何かやるなら是非声かけてくださいね!
僕たちに出来る事があれば小さな事でもトライしてみましょう。

宮城県出身の作曲家・菅野よう子
http://www.youtube.com/watch?v=O8x6_JHDkhI

投稿: ココ | 2011年3月14日 (月) 22時44分

そのままそっくり ノーコメントで
流用させていただきました。

投稿: Hayatochiride | 2011年3月15日 (火) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1167498/39204968

この記事へのトラックバック一覧です: 地震で、被災された皆さんへ  「頑張れ」:

« ココ部屋開幕 | トップページ | 被災地の皆さんに届け »