アニメ・コミック

「クレヨンしんちゃん」

臼井儀人さんが亡くなって、「クレヨンしんちゃん」どうなるのかなーと、思いましたら、tv放映続行の方向で、進んでるということを記事を、見ましした。

長寿といえば、「サザエさん」、「ドラえもん」、赤塚富士夫の作品が、ありますが、いずれも、一話完結型の作品だという事が、共通ですね。

やはり、子供向け番組は、より単純に、解りやすいアニメを好む傾向にあるのかな。

あと、漫画の世界では、連載中に不慮により、無くなった方は、その後の続きが、途中で終わり、決して、続きが読めない作品で、お蔵入りするそうです。また、漫画の世界って、後のストーリを継ぐようなことは、ご法度なのかな????

誰かわかる方が、居れば教えてくださいhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナー部活”漫画で脚光 伝統文化の魅力

  1. baseballsoccerの人気スポーツとは別に、文化系の部活動を題材にした漫画が。書店員多くなりましたね。最近の漫画の賞を占めつつありそうです。また、題材となった競技などへの関心も高まりつつあるそうです。happy02

     書店の漫画担当者ら有志で選ぶ「マンガ大賞2009」(マンガ大賞実行委員会主催)の大賞に選ばれたのは、末次由紀さんの「ちはやふる」(講談社)。競技かるたを題材にした作品だ。

     小学校時代に競技かるたの魅力に目覚めた主人公の千早と仲間らとの青春ストーリー。高校で千早らがつくったかるた部の活動が主な舞台となっている。平成19年12月から講談社の「BE・LOVE」に連載中で、5巻までの単行本は累計100万部を突破する人気作品となっている。

     「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されている河合克敏さんの「とめはねっ!鈴里高校書道部」は、高校書道部の活動を描いた作品。(ココも、愛読してて、お勧めの、漫画で単行本5巻までが累計80万部の売れ行き)なんと、NHKが22年1月から実写でのドラマ化を決めたらしいです。(ココも見るぞーlovely

     7月まで「週刊少年サンデー」(小学館)で連載されていた西森博之さんの「お茶にごす。」も高校の茶道部を題材にした作品で、単行本は1~9巻で200万部発行されている。

    伝統文化の部活を題材にした漫画の魅力とは、知ていそうで、知らないことが多く、知識的に見解が、広がるんじゃないのかなと、感じています。good

  2. 機会があれば、見てくださいねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココのお気に入りの漫画だよ

ダービージョッキー』は、武豊原案による漫画作品。作画/一色登希彦構成/工藤晋。小学館刊行「週刊ヤングサンデー」に1999年から2004年まで連載された。単行本全22巻。

主人公の少年、上杉圭の騎手としての成長を描く競馬漫画。現役騎手原案によるリアルなレース中の心理描写が特徴。

ココは、競馬好きでもあり、この、漫画もお気に入りであるんだhappy02

勝負に、かける人を応援したくなるんだよね。。。一流になるには、とてつもない苦労とかあるんだろうけどね。

興味あったら、読んでみてくださいhorse

04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のお勧めの漫画だよ

モンキーターン (2) (少年サンデーコミックス)

どうも、マイナーなというか、ちょっと、変り種の漫画の好きなココロです!!

この作品は、文字通り、モンキーターン(競艇の旋回)に魅せられた主人公波多野の物語で、競艇世界に飛び込み、頂点を極める作品であり、全30巻で、構成されています!!今では、結構、中古で出回ってるんじゃないかな 

( ^ω^)おっおっおっ

ちなみにこの作品は、アニメ化もなっていて、ココロとしては、クオリティーの高い作品だと思います。

競艇自体、漫画としては、マイナーな部類だと思いますが、作者が、現地、選手取材で、その、生き様、考え方が、わかりやすく、知らない人でも、すぐ、馴染めます。

買って、後悔は、ない作品だと思います。ぜひ、読んで見て下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近はまってる漫画だよ^^

とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

書道を題材にした漫画です!!ココ的には、一押しです

この河合さんの代表作は、「帯をギュとね!」 「モンキーターン」などあります

興味がある方は、ぜひ、感想ききたいな

| | コメント (2) | トラックバック (0)